ヨーガ・カウンセリング

title_yoga

wo_01疲れがなかなか取れなくて、でも病院ではどこにも異常がないと言われる、人間関係がなぜかうまくいかない、このところ気分が重い日が続き、人付き合いも億劫になってきた・・・このような気分の変調は、誰しもよくあることです。

しかし長く続くと抑うつ状態になったり不眠になったりと、あらゆる症状が出てきます。このようなとき、意思の力だけで感情を変えていくことが難しいことも多いものです。とくに、落ち込んでいる時は、ネガティブな感情がスパイラルになって、なかなか抜けられなくなります。?

「そのうち治るだろう」「気のせいだから」と、心と身体の不調を後回しにしていませんか?smaccのヨーガ・カウンセリングは、インド中央政府公認のヨーガ・セラピストが、心や体の不調や悩んでいること、気にかかっていることなどをお伺いし、ヨーガやアーユルヴェーダの智慧に基づいたカウンセリングを行います。また、必要に応じてアドラー心理学の理論も交え、お客様が前向きに解決していけるよう、サポートします。ヨーガの健康観については、こちらのページをご覧ください。

次に、必要に応じてマインドフルなヨーガのアーサナ(ポーズ)、呼吸法や瞑想の指導を行います。マインドフルネスについては、こちらのページをご覧ください。

実際に身体を動かしたり、呼吸を意識的に行うことで、脳では視床下部の自律神経を整え、緊張したり興奮している交感神経を鎮め、リラックスした副交感神経を高めるスイッチを入れます。

※お客様がヨーガを望まない場合は、カウンセリングのみのこともございます。

カウンセリングで行うヨーガの種類は、ヨーガ・セラピーです。ヨーガ・セラピーは、緩やかな動きのアーサナ(ポーズ)を呼吸に乗せて行います。呼吸の速さをコントロールすることで、心のスピートがスローダウンし、感情のこだわりや執着に気づき、徐々に手放し、客観視することができるようになります。

wo_02ヨーガには、「調身・調息・調心」という言葉があります。「姿勢を整え、呼吸を整えると、おのずと心が整ってくる」という意味です。
アーサナ(ポーズ)で、筋肉を弛緩させてリラックス効果を引き出します。呼吸法では、呼吸をゆったりとさせることで、自律神経を整え、緊張状態から解放させます。また、ヨーガ・セラピーの瞑想は、物事を悪いように思い込みすぎる傾向(認知のゆがみ)を正す認知行動療法になっています。これらのアーサナ、呼吸法、瞑想の技法を組み合わせることで、病気を予防して、健康を促進させる効果があります。

お年寄りや身体が固い方でも、無理なく実習できる、ゆるやかなアーサナと呼吸法が中心のヨーガです。年齢や体調に応じ、あなただけのメニューを作成し、心身の状態をより健康に近づけ、それを維持するお手伝いをいたします。 ヨーガの科学的効果として、次のものが実験により認められています。

ヨーガに期待される効果

  • リラックスしているときに発生するアルファ波増加
  • 気分がポジティブになる
  • 脳の血流量が増加して集中力が増す
  • 自律神経が調整される
  • 免疫力が向上する
  • 自己コントロールが可能になる
  • ストレス・ホルモンが減少する

このような方にお勧めです

  • 何となくやる気が起きない
  • 病院に行っても原因不明と言われるが体調が今ひとつ
  • 自信がない
  • 人間関係がうまくいかない
  • 緊張しがち
  • 更年期障害を感じている
  • 不眠が続く
  • 現在、体調の不良を感じていたり、健康に不安がある
  • 健康を維持したい
  • ヨーガはしたいが、人の多いヨガ教室は苦手
  • カウンセリングをしながら、自分と向き合いたい
  • 未病を予防したい
  • 基礎体力のUPや持久力を付けたい

注意事項

病歴については、詳細をお聞きします。とくに、精神科で治療を受けている方の場合、必ず医師の許可を得てから、セッションにお越しください。